居宅介護支援サービス(ケアマネジメント)
香川ケアプランステーション

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは、介護を必要としている人が適切な生活支援を受けられるよう、各種介護サービスに関する手続きを代行するサービスです。
要介護1~5の認定を受けている人がサービスの対象で、利用者は介護支援についての知識が豊富な介護支援専門員(ケアマネジャー)に相談し、本人の希望や環境に合わせたケアプランを決定していきます。

ケアマネジャーは、ケアプランの作成後も月に1回以上は利用者の元へ足を運び、生活状況や目標の達成度に応じて、必要であればプランの見直しを行うなど、細かなマネジメントをしてくれます。
また、要介護認定の更新や変更届の市区町村への提出など、各種手続きの代行サービスも行ってくれるため、「症状が改善・悪化したので要介護認定の内容を変更したい」「書類の作成方法がわからない」といった場合も頼れる存在です。

ケアマネジャーって?

​香川ケアプランステーションの居宅介護支援(ケアプラン作成サービス)

お客様に最適なサービスのご提案

介護を必要とされる方にとって最適なサービスをご提供できるよう、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に沿ってケアプランを作成したり、介護サービスの連絡・調整などを行います。

常にお客様の立場にたった計画作成

指定居宅介護支援の提供にあたっては、お客様の意思および人格を尊重し、常にお客様の立場にたってお客様に提供されるサービスが不当に偏ることのないよう公正中立に行います。

認定申請・認定調査代行

家族に介護が必要になったが、どうしたらいいかわからない。という時は「香川ケアプランステーション」が要介護(要支援)認定の申請代行を行います。お気軽に相談ください。さらに、自治体からの委託で認定調査も行っております。

対象者と利用料

居宅介護支援サービスを受けるには、要介護1以上の認定を受けていることが条件です。
ケアプランの作成やケアマネジメントサービスはすべて介護保険が適用されるため、自己負担はありません。